憧れのタレントの彼と中出しH!ファン以上の関係に!

RSS にゅーえろ
RSS エッチ体験談アンテナ
RSS エロくて実用的な体験談アンテナ

憧れの人と中出しエッチしています。
彼は20代のタレントさんで私は彼のファンでした。
「でした」というのは今はもうファンじゃなくて今は「ファン以上の関係」だからなのです。

3年前、彼のファンイベントに参加したときに気が合い仲良くなり個人的に食事に誘われたのがきっかけで、その後も時々食事に誘ってもらっていました。
タレントの彼は私にとってアクセサリー。
そう都合のいい男なのです。
40代の私が20代の可愛くてかっこよくてお金持ちの男の子を連れて歩くことにはけして悪い気はしません。
どちらかというと彼のほうが私に夢中なのです。
何故40代の私に夢中なのかは最近やっとわかりました。
彼はマザコンだったのです。
まぁそれも私にとっては運のツキですけどね。

エッチは私のほうから積極的に誘いました。
「まだ童貞だから駄目」とか「ファンの人に手を出すなんて最低な行為だ」とか言われて何度も拒まれたけど、ついに物にしてしまいました。
半ば犯す感じになってしまった。
まさに逆レイプですね。(笑)
1度でも体の関係を持ってしまえばこっちのものです。
エッチの楽しさを知った童貞ちゃんはもうエッチの魅力に夢中ですからね。

彼と始めてエッチしたのは事務所に内緒で彼と1泊2日で温泉旅行へ群馬県の温泉へ行ったときのことです。
出発前から「部屋は別々に取ろうね」って行ってたんだけど私が部屋の予約をしたのでわざと一部屋しか予約しなかったのです。
彼に指摘されたけど「今日は部屋が開いてなかった」と嘘をついた。
平日なのに空き部屋がないわけありません。
それを知っていて彼はそれ以上追及しなかったので彼にもそれなりの覚悟があったのだと思います。

食事も済ませて温泉にもつかってゆっくりくつろいでいるときのことです。
「疲れたから一緒に横になろう」と言って彼も自分の隣に横にならせました。
浴衣の胸元をわざとはだけて彼に寄り添っていきました。
胸を押し付けて彼にするよりました。
そして濃厚なキス。
彼は
「駄目」
って言ったけど
「もう23歳なんだから子供じゃないでしょ」
と彼の耳元でささやき彼のおちんちんをなでまわしました。
「ちんちんは絶対触っちゃ駄目!」
って彼は抵抗しましたがかまわず撫で回しました。
そのうちおちんちんは反応して大きく硬くなっていきました。
「駄目、駄目」
って彼は目に涙をためて言い続けてたけど
「駄目じゃないのよ。私のこと好きなんでしょ。だったらひとつになってほしいの」
って少し悪戯っぽく意地悪く強引にパンツを剥ぎ取りおちんちんを口に含みます。
彼は
「あっ」
と可愛い声を上げました。
かまわず強弱つけながら吸い上げ、いやらしく嘗め回し、お尻の穴まで愛撫してあげたらものの10分で彼は逝ってしまいました。

さすがに若いおちんちん。
手でしごいているとすぐに復活しました。
「今度は私も気持ちよくしてよ」
と言うと彼は夢中になって私のFカップのおっぱいにむしゃぶりついてきてあそこを指でかき回していました。
慣れていないぎこちない手付きがまたいい感じでした。
その間も私は彼のおちんちんやお尻の穴を弄り回していました。
濃厚にちょっとねちねちとそんなことをしてるうちにもう入れてほしくてほしくて我慢できなくなりました。

「ねぇそろそろ入れてほしいな。」
って彼に言うと意外と素直に返事をしました。
あんなに「駄目、駄目」言ってたのに不思議な行動でした。
「あっでもコンドームもっていない」
と彼は少しためらって言いましたが
「本当に好きな人ならゴムなんて必要ないの」
なんて理由にならないような理由をつけて強引に彼の上になり、おちんちんを自分の中に押し込みました。
「ねぇ動いて。一緒に気持ちよくなろうよ」
なんていいながら彼の上で腰を振り続けました。
彼ももう無我夢中の様子でした。
「もう・・・出ちゃうよ・・・あっ我慢できなくなっちゃう」
彼は一瞬腰をひこうとしましたが私のほうががっちり彼の腰をつかんでしっかり中出しさせました。
悪女の作戦大成功です。

「もう1回出しちゃったんだから今日は何度中で出しても同じだよ」
若いおちんちんはその夜は8回も出しました。
すべて中出しです。

もうそんな関係が2年も続いています。
彼とエッチするときは毎回必ず中出しです。
初エッチのあと浣腸や強制オナニーや電車の中での性行為などちょっとアブノーマルなことも仕込んでいます。
ビデオや写真も撮っておいたので万一別れを切り出されたり、拒まれたときにはこれを使うつもりです。

今では可愛い彼の裏の顔は完全に私の性具として生きています。
25歳になった彼はますます男らしく大人になって男の魅力をいい感じで出しています。
本命の彼女もいるようですがそんなこと私の知ったことではありません。
彼はお金と性だけの都合のいい男です。
彼は本命の彼女も彼のファンも事務所も誰も知らないヒミツの関係を私と結んでいます。
テレビで可愛い笑顔を見ると思い出して笑ってしまいます。
もうしばらく私の性具として頑張っていただこうかしら。
私が飽きるまでアナタは私の性具として生きてね。

RSS にゅーえろ